依頼者の方からのご質問の一例を挙げてあります。 これ以外の疑問点がございましたらお気軽にお尋ね下さい。 こんなことを弁護士に相談できるのかなと思うようなことでも、法律で解決できる問題かもしれません。問題が大きくなる前にご相談いただくことで、解決を容易にできる場合があります。心配なことがありましたら、早めにご相談ください。

一般相談

交通事故について

動労問題について

相続問題について

離婚問題について

弁護費用について

その他

財産分与の概要

離婚に伴って請求できる財産分与とはどういうものですか。

夫婦が婚姻期間中に協力して築いた財産を分けることをいいます。

1 財産分与の内容
夫婦でいる間は、一方の名義の財産であっても、実質的には夫婦の協力で出来た財産といえるので、これを離婚に際して公平に分けるよう求める権利があります。これが、財産分与のうち「清算的財産分与」と言われます。
これ以外に、離婚後の扶養としての財産分与(扶養的財産分与)、慰謝料としての財産分与(慰謝料的財産分与)として主張することも可能です。もっとも、扶養的財産分与が認められるのはごく例外的ですし、財産分与と別に慰謝料請求が可能なので慰謝料的財産分与を求めることは通常はしません。
したがって、実際上は、単に「財産分与」と言うときは清算的財産分与のことになります。

2 財産分与の基本的な方法
財産分与の基本的な計算方法としては、(1)分ける対象となる財産を確定する時点(基準時)を決め、(2)分ける対象となる財産を確定し、(3)分ける対象となる財産の価値を評価した上で、(4)分ける割合を決め、(5)分与方法(どの財産をどちらが取得し、あるいは、一方が他方にいくら支払うか)を決める、ということになります。
おおまかには、(1)別居時点を基準に、(2)婚姻後に夫婦で形成された財産を対象とし、(3)現在(裁判の審理終了時点)の価値で評価し、(4)原則として5:5で分けることとして、(5)たとえば不動産についてはどちらが住んでいるか等を考慮して分与方法を決めることになります。
以下、(1)基準時、(2)いかなる財産が対象財産になり、どのように評価するか、(3)分ける割合の決定方法、(4)分与方法について、詳しい内容は、個々のQ&Aをご参照下さい。