依頼者の方からのご質問の一例を挙げてあります。 これ以外の疑問点がございましたらお気軽にお尋ね下さい。 こんなことを弁護士に相談できるのかなと思うようなことでも、法律で解決できる問題かもしれません。問題が大きくなる前にご相談いただくことで、解決を容易にできる場合があります。心配なことがありましたら、早めにご相談ください。

一般相談

交通事故について

動労問題について

相続問題について

離婚問題について

弁護費用について

その他

財産分与における住宅ローンの処理

住宅ローンの残った住宅がある場合は、どのように財産分与がなされますか。

ローンも借金なので、不動産と借金とは別々の財産と考えて財産分与をします。もっとも、オーバーローンの場合、債務の名義変更はできないことから結果的に不均衡になることもあります。

1 具体的事例に則した検討
最終的には判断が異なる場合もあり得ますが、一般的な考えに基づいて検討します。

(1) オーバーローンだが、全体としては債務超過ではない場合
(夫名義の財産)
不動産 評価額1500万円
ローン  残額2000万円
預金      800万円
(妻名義の財産)
預金      700万円

上記の場合だと、夫婦の財産総額は1000万円となるので、これを2分の1ずつ分けると、それぞれ500万円ずつになる。
したがって、夫が不動産を取得し住宅ローンを負担するなら、各自が自己名義の預金をそのまま取得し、妻から夫に200万円支払うことになる。

(2) オーバーローンで、全体として債務超過の場合
(夫名義の財産)
不動産 評価額3000万円
ローン  残額4000万円
(妻名義の財産)
なし

夫婦の財産総額はマイナス1000万円となる。
こういった場合に、夫が妻にマイナス1000万円の半分である500万円の分担を求められるかというのは、一般的には否定される。

2 妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合や連帯債務になっている場合
(1) 妻が連帯保証人になっている場合
上記の事例で妻が連帯保証人になっているような場合、その点をどう考慮すべきかも問題になります。
これについては、夫がこれまで住宅ローンを滞りなく返済しており、今後も夫が同不動産に居住し、住宅ローンの返済を続ける蓋然性が高く、夫の返済能力も特段問題ないようなケースであれば、妻が住宅ローンを負担する現実的可能性は小さいものとして、特に考慮しないと見込まれます。
そういった事情がないケースでは悩ましい状態と言え、一義的にどうなるとは言えません。
(2) 妻が連帯債務者になっている場合
妻が連帯債務者になっている場合も同様ですが、この場合は、審判・判決のときは、裁判所が内部的な負担割合としては妻の負担は0であると判断することもあります。