依頼者の方からのご質問の一例を挙げてあります。 これ以外の疑問点がございましたらお気軽にお尋ね下さい。 こんなことを弁護士に相談できるのかなと思うようなことでも、法律で解決できる問題かもしれません。問題が大きくなる前にご相談いただくことで、解決を容易にできる場合があります。心配なことがありましたら、早めにご相談ください。

一般相談

交通事故について

動労問題について

相続問題について

離婚問題について

弁護費用について

その他

婚姻費用

妻が勝手に家を出て行き,婚姻費用の請求をしてきました。私は失業していたのですが,裁判所は以前の収入を元にして婚姻費用を決定しました。どうにかなりませんか。

婚姻費用を定める家庭裁判所の審判書が届いてから,2週間以内に即時抗告という不服申し立てをできます。婚姻費用は双方の収入を元に決定されますが,働いていなくても,それ以前の収入を基準に決定されることもあります。しかし,失業がやむを得ない事情による場合であれば,相当程度に減額した額で算定されることも少なくありません。扱った事例では,即時抗告したところ,家庭裁判所で決められた額の半分以下にまで減額が認められました。