過去の取扱事例にもとづくQ&Aです。 これ以外の疑問点やご質問もお気軽にお尋ねください。 こんなことを相談できるのかなと思うようなことでも、法律で解決できることはたくさんあります。また、問題が大きくなる前にご相談いただくことで、容易に解決することもあります。心配なことや疑問に思っていることがありましたら、お早めにご相談ください。

清算条項と年金分割請求

離婚に当たり、「当事者間に何らの債権債務を有しないことを確認する。」という合意をしましたが、年金分割も請求できなくなりますか。

あくまで当事者の間で金銭請求できないことを合意しただけなので、年金分割請求は可能だと考えられています。

調停で離婚する場合などには、「当事者間に何らの債権債務を有しないことを確認する。」といった条項で合意をすることが通例です。
しかし、年金分割の請求は、離婚した当事者の間で金銭請求をするものではない(法律用語でいえば、公法上の請求権である)ことから、このような合意をした場合でも年金分割請求はできると考えられています。

ページのトップに戻る